カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングのデメリットは、自動車に乗ることはできても、その自動車は自分だけのものではないということでしょう。

カーシェアリングでは、複数の方で1台の自動車を共有することになります。

ですから、車内はキレイに使うことがマナーです。

タバコを車内で吸うのは避けたほうが良いですし、赤ちゃん連れの場合、ベビーシートは乗るときに取り付け、降りるときには外さなければなりません。

そして、カーシェアリングの場合、他の人が利用していれば利用できないということもデメリットでしょう。

使いたいときに使えないというのは大変不便なものですが、現在、カーシェアリングの企業の中には、「予約」して利用するという方法を採用しているところもあります。

予約制ならば、自分が利用したいときに予約を入れれば良いので、かなり、このデメリットは解消することができると思います。

また、必ずしも、カーシェアリングのスポットが、自宅近くにあるとは限らないということもデメリットでしょう。

自宅近くの駐車場に自動車が無ければ、重い荷物を運ぶときなど大変です。

マイカーの場合は自宅近く、それどころか家の庭に駐車されていますから、自動車を停めてから自宅へ移動するのは楽でしょう。

しかし、カーシェアリングの場合は、駐車場から自宅までの移動を考えなければなりません。

ただ、現在、カーシェアリングは大変増えていて、企業も利用するほどです。

ですから、調べてみれば、自宅近くにカーシェアリングがあるかもしれません。

このページの先頭へ