カーシェアリングとレンタカーとの違い

カーシェアリングとレンタカーは、1台の自動車を皆で使うという共通点があります。

料金を払って一定時間、レンタカー業者、あるいはカーシェアリング業者の自動車を使うのです。

そして、それらの自動車を利用できるのは、レンタカー会社、カーシェアリング会社に会員登録している方々ということになります。

ですから、不特定多数で、住所も電話番号もわからないような方々は、決して利用しないということになります。

それは、自動車をシェアする上で、大変重要なことでしょう。

正直、身元がよく分からないような方と同じ自動車を利用するのは、少々気後れしてしまいますからね。

さらに、カーシェアリングの場合は、より安心できると好評なのです。

カーシェアリングはレンタカーと異なり、2時間程度、それこそ、ちょっと乗りたいときに利用するケースが多く見られます。

ここが、レンタカーとは大きな違いになります。

数時間、ちょっと乗るだけなら、カーシェアリングのほうが使い勝手が大変よいのです。

そして、ちょっと乗るだけという目的でカーシェアリングを利用するのですから、その自動車をシェアする方々は、ご近所さんということになります。

駐車場にカーシェアリングの自動車が置かれ、その自動車をシェアするわけですから、自宅近所のカーシェアリングを利用すれば、レンタカーショップまで出向くことなく、マイカー気分で利用することができます。

このページの先頭へ