カーシェアリングとカーリースとの違い

カーシェアリングとカーリースの違いについて、知りたい方もいるでしょう。

よく耳にするこの「カーリース」ですが、その名の通り、カーリースはカーシェアリングのように1台の自動車を複数の人たちで利用するのではなく、自動車を個人に貸してくれるのですから、その1台を自分だけで乗ることができます。

ただ、カーリースには、様々な注意点があります。

メリットとしては、新車を購入するときよりも初期費用を抑えて、自動車を自分専用にすることができることでしょう。

ただし、購入ではなく、あくまでもリースなので、「一定期間」を過ぎたら業者へ返却しなければなりません。

この「一定期間」を3年としている企業を多く見かけます。

3年間、無事故で傷ひとつ付けずに乗れる自信のある方なら、カーリースは大変お勧めです。

3年間キレイに乗って返却し、また新たな自動車をリースしてもらえば、常にキレイな新車を乗っていることができます。

ただ、あくまでも「3年間」など、長期間のリースになります。

途中で返却、解約すれば、違約金が取られることになるのです。

カーリースは、たとえば「3年間リース」契約の場合、3年後、その自動車がどのくらいの価値になっているのかを算出し、その算出額を初期費用から引いてもらって月々のリース代金に反映し、自動車を手に入れる方法です。

ですから、3年後、自動車に傷を付けてしまい、当初の算出額よりも自動車の価値が下がっていると、残価を支払うことになります。

しかも、購入ではないので、自分のものにはなりません。

ただ、3年後、その自動車を購入するという方法やリース延長など、いくつかの方法から選ぶことができるようになっています。

このページの先頭へ